腸によい効果をもたらしてくれる生きている酵母

腸によい効果をもたらしてくれる、それが酵母のマル秘パワー

生きている酵母がもたらしてくれる効果

 

 

 

最近では、ホームベーカリーなどが流行っており、

 

手軽に自宅でパンを焼けるようになったので、

 

 

「ああ!パン酵母って あれね!」と わかるかたも

 

多いのではないかと思います。

 

 

 

 

ごはんと並ぶ、主食となった「パン」。

 

 

これを作るときに使うパン酵母も、「酵母」の1つです。

 

 

パン酵母=植物性最近の1種。

 

※ビール酵母とはいとこの関係である、
 「サッカロミセス属の一種の菌を培養したもの」。

 

 

乾燥されたものが、乾燥パン酵母として、

 

全国のお店や個人へ販売されているので、

 

スーパーなどでも見かけたことがある人も
多いかと思います。

 

(特に、「手作りパン!つくる!」というときは 必須ですよね)

 

 

 

 

そのときのパン酵母は、
「パンを膨張させるために使われている」  だけだと思いがちですが、

 

 

実は、
酵母のもつパワーは 膨らませるだけではないのです。

 

 

 

酵母は、腸に健康をもたらしてくれる効果がある。

 

 

酵母は、
私たちの健康(腸)に、大きく貢献してくれているのです。

 

 

 

そもそも酵母は微生物

 

酵母は微生物であり、

 

目に見えないほど、小さいながらも

 

立派な命をもっている「生命体」です。

 

 

 

酸素がないときは、「発酵」というシステムで 

 

糖分をアルコールと炭酸ガスに分解してエネルギーを生み出し、

 

私たちの生命を維持してくれています。

 

 

 

この発酵作用とは別に、

 

酸素があるときは、人と同じように 

 

ミトコンドリアで酸素を使って 糖分からエネルギーを作ることもできます。

 

 

 

 

酵母のこのサイクルを、人間の健康にも応用できないだろうか?

 

 

このサイクル(酵母のパワー)を

 

人間の健康にも応用できないだろうか? と考えた人がいます。

 

 

もし、この研究がなければ、

 

 

「生きたまま腸に届く酵母」 というものは

 

世に生まれていなかったといっても過言ではありません。

 

 

 

 

 

日本未病システム学界に発表された、

 

「酵母の排便作用の関係」という研究があり、

 

 

 

この研究では、

 

  • 1週間の排便回数が、5回以下の14人の男女 が対象
  • 生きたままの酵母を4週間摂取し続けてもらう

 

という条件で始まったのです。

 

 

この14人の男女の、
実験前の平均排便回数は、

 

なんと 1週間にたったの3.5回 。。 (これは健康体の人と比べると、「少ない」です)

 

 

 

すっきり感がない日々・・・
トイレでふんばる毎日・・・ が悩みだった方々だったらしいです。

 

 

 

 

 

実験終了後、12人の人々から「すっきり感が得られた」

 

 

4週間、生きた酵母を摂取し続けて、

 

14人の方々は
実験終了後、どうなったかというと、

 

 

 

14人中、
12人の人々から「すっきり感が得られた」と 効果を実感しており、

 

さらに、
その「すっきり感」に関しても

 

自然にもよおしてくる   というものだったのです。

 

 

 

  • 急におなかが痛くなり、キリキリする
  • トイレで踏ん張る

 

という、悩みは一切無くなり、

 

ただただ、 自然に便をもよおす。そしてスルリと出る。  

 

 

という結果だったのです。

 

 

 

酵母の持つ効果は、
「快便効果がある」 ということが実証された瞬間でした。

 

 

 

 

 

1週間に3.5回だった 排便回数が、 5回にまで上がる

 

また、
14人の平均排便回数が、

 

実験前は、
1週間に3.5回だったのですが、

 

 

 

4週間後は、

 

排便回数が平均5回まであがった という結果も得られました。

 

 

 

さらに、
排泄物のカタチに関しても、

 

ウサギのふん  のような

 

コロコロとしてて、水分のないもの  ではなく、

 

 

水分を多く含み、
ふっくらとしたバナナ形状

 

 

という人が多かったことです。

 

 

(※いちおう・・・ウサギさんはあれはアレで正常です
 私たち人間が コロコロのうんちになると ちょっとつらいですけど。。)

 

 

 

 

この研究でわかったことは、

 

 

生きた酵母が腸に届くと、
@糖を分解し、
Aアルコールと炭酸ガスを発生し、
B温度・湿度などの条件がそろったときには 発酵作用をしてくれる

 

 

その「発酵作用」によってできた”ガス”が、

 

便通をよくするのに貢献している

 

 

ということです。

 

 

 

 

酵母のもつパワーや
酵母が与える人体への影響、そして効果については、

 

 

 

研究は今もなお、行われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookに参加しています。
役に立った!と思っていただければ幸いです。

酵母,効果,便秘解消,酵母サプリ管理人からひと言コメント
質の良い、正しい情報を心がけています。
記事がいっぱいで、見つからないこともあるかもしれません。
もし、気になることがあったら、右上の「検索窓」から検索してみてくださいm_ _m







■酵母酵素サプリと一緒にやるとかなり相乗効果。正しい「食べながらダイエット」

酵母,効果,便秘解消,酵母サプリ

【間違ったダイエットはもうしたくない人へ】美容部門1位。これが本当の「食べながらダイエット」の仕組み。お菓子を食べでもリバウンドを絶対しないマイナス14kgの秘密とは。

  私も最初は疑いましたが、今はこれおかげでリバウンドの無いカラダを保つことができてます。
  間違ったダイエットはもうしたくないですもん・・・ね。。
  (※これはサプリやドリンクの商品ではなく、「正しい知識」です)


■美脚はたった7日で手に入る

酵母,効果,便秘解消,酵母サプリ

【太い脚に悩んでいる人へ】たった7日でモデル脚GETは当たり前。触れたくなるスラリ愛され美脚が必ず手に入る。まったく効果が現れなかったら全額返金

■高血圧をわずか3日で改善

酵母,効果,便秘解消,酵母サプリ

【高血圧に悩んでる方へ】たった3日で血圧が正常値にする方法。薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。改善しなければ全額返金

腸によい効果をもたらしてくれる生きている酵母関連ページ

酵母の種類と発酵食品
酵母の種類と発酵食品
日本独自の発酵方法
日本独自の酵母を用いた発酵方法
ビール酵母とパン酵母の関係
ビール酵母とパン酵母の関係
酵母菌はどっち?善玉菌と悪玉菌
酵母菌はどっち?善玉菌と悪玉菌
乳酸菌と酵母のちがい「作用する場所がちがう」
乳酸菌と酵母のちがい「作用する場所がちがう」
酵母の効果とその仲間たち。菌類であるキノコとカビ
酵母の効果とその仲間たち。菌類であるキノコとカビ
食べ物に白い粉!?この正体は・・・
食べ物に白い粉!?この正体は・・・アレです
胃酸で溶かされる酵母、ゼロにならないよう常に補給を
胃酸で溶かされる酵母、ゼロにならないよう常に補給を
腸内にいる酵母の働き
腸内にいる酵母の働き
血糖値を抑える酵母の働き
血糖値を抑える酵母の働き
酵素の代謝活動。睡眠の一番の目的は酵素を生産することだった
酵素の代謝活動。睡眠の一番の目的は酵素を生産することだった
酵素がないと効果を発揮しないビタミンとミネラル
酵素がないと効果を発揮しないビタミンとミネラル

 
TOPへ(初めての方へ) 酵素ドリンクBEST3 信頼ある酵母サプリ集 1分でわかる酵母講座 血液ドロドロ動画